夢の話

皆さん、寝ているときに夢は見ますか?

私は自分では、案外見るほうではないかと思います。

よく、見ているのだが、忘れてしまう、ということを言われますが、

そういうこともあるかなとも思います。

私は覚えている限りで、夢の中でどこかの街に帰ってます。

街といってもいつも同じ場所ではありません。

不思議なのですが、都会であったり、田舎であったりします。

都会の時は普通にデパートもありますし、エレベーターもあります。

道路には車が走ってますし、大勢人もいます。

でもすごく懐かしい感じがして、安心します。

田舎の時は、ずっと道が続いていて、

田んぼや畑が続いてます。

ここも懐かしいのですが、ちょっと悲しい気持ちになります。

田舎にも、道だけではなく村もあります。

由緒あるお家も出てきます。

村の中にはお土産屋さんがあって、駄菓子などが売られています。

前世では⁈

と思われる方もいると思いますが、前世ではないなあ。となんとなく思っています。

なにせ、現代の街なので(笑)。

意識だけが、故郷に戻って休んでるのではないかと思っています。

もう一つ気になってずっと覚えている夢なのですが、

江戸時代かそれより前ではないかと思うのですが、私はある卸問屋の小間使いの小僧のようなのですが、

なにかやってしまったのでしょうね。馬に乗ったお侍さんに刀で切られたのですが、

それでも土下座をしなければならないと思って、頭を下げている夢をみて、

それをずっと覚えているのですよね。

これが前世といわれるものなのかな。と思います。

前世は色々あるみたいで、前にお話ししたシスターだった過去もあります。

みなさんも気になる夢や、ずっと覚えている夢は、必ず意味があると思いますよ。

面白いですよね😊

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。