良い人をやめます

小さいころから、良い人でいなさい。

もともと争いごとが嫌いな私は、何かあると、

人に譲ってばかりいました。

自分の意見なんて人と争ってまで、通す必要もないし、

それで喧嘩にでもなった日には、面倒くさくて仕方ない。

と思っていました。

それが、良い人なのかはわからないのですが、

とにかく、人に合わせていた方が、

人生うまくいくと思っていました。

それも、最近まで思っていたのだから、

なんとも言えませんね。

お世辞も、すごく言ってました。

その人がどうしたら喜ぶかということを考えていました。

若いころ営業職だったのが関係していると思います。

そのため、エネルギーはやりたい放題だったので、

それは疲れないわけがないのです。

この前も、スーパーで雪の中カートを引けずに困っている人がいて、

一緒に押してあげました。

そういうのは、全然苦になりません。

ただ、問題はその後です。

そのまま、自分は良い人だなあと思いながら、

スーパーに入ってしまい、ずっと良い人を続けていました。

それが悪かった。

スーパーの店員さんにつっこまれて嫌な思いをしました。

良い人でいることは、自分でエネルギーを引いてしまっているのです。

自分の意見をはっきり言えないことは、

自分軸がぶれてしまいます。

今まで、人に合わせてなんぼの私には、

自分の意見をはっきり言う事に慣れていません。

良い人でいる必要はないよ。

と、この前おりてきたので、

もう良い人でいるのはやめます。

自分の意見をはっきり言うことにします。

そうすると、エネルギーバンパイアも寄ってきません。

良い人はやめましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。