量子力学

ずっと気になってた分野なのですが、

色々聞きかじりはしていたのですが、

いまいちよくわからないので、ちゃんと調べてみました。

量子ってなに

物質をつくる小さな小さな単位のこと

原子、分子、電子、光子(光のこと)などのこと

いろいろな種類がある。

ニュートリノ(宇宙から降ってくる小さな物質)など

量子の動き

目に見える大きさのものはどう動くのかわかる。

球がどう転がるのか、どう落ちるのか

氷→水→水蒸気など

決まったルールがある。

でも、量子はこれまでのルールが通用しない

意味不明な動きをする。

これを調べるのが量子力学

2重スリットの実験

この2重スリットの実験を無しには、

量子力学はわからないので、

有名な動画を貼っておきますので、よく見てみてください。

簡単に説明しますと、砂の粒をこの二重スリットから

発射すると、

スクリーンにはどう映るか。

予想通り2本の線のように映りますね。

では、今度は光を映してみます。

光は量子です。

いわゆる波ですね。

音や水などといっしょです。

波なので、縞模様になるそうです。

では、電気銃で試してみたいと思います。

電子の粒を一発づつ打ち込んでいきます。

「粒」なので、砂と同じように2本の線のように

映ると思うのですが、縞模様になります。

つまり、電子は粒でもあり、波でもあるという

不思議な動きをします。

ところがです!!

次の実験をみてください。

この電子をよく観察しようとして、

カメラなどを置いてみると・・・

なんと、さっきまで見えていた縞模様が消えて

砂で実験したような2本の線になったのだそうです。

つまり、

この実験で確認されたことは、

粒子(量子)は観察していないときは、

「波」(波動)なのに、

観察しているときは

「粒」としてふるまう

ということです。

これが後々まで関係してくるので、よく覚えておいてください。

原子について

原子と原子核の大きさを比べてみると

原子・・・東京ドーム

原子核・・・米一粒

です。

いわゆる原子は99.9999999%空っぽです。

ということは、原子の集合体である

人間は空っぽなはず。

でもあきらかに物質ですよね。

それはなぜかというと、

原子の空間を「電子」がとんでもない

エネルギーで高速運動しているからです。

自転車の車輪は動いていないときは

すかすかですが、回転すると

石もはね返すほど空間は消えますよね。

そんな感じです。

つまり、実は万物は「物質」というより、

「エネルギー」ということです。

人間だけではなく、原子でできている全てのものは

「エネルギー」なんですね。

量子力学の証明

素粒子(量子)は人間が観測(意識)すると、「物質化」し、

観測していない時は、「波動」である。

意識が目の前に起きる現象を決定(確定)している。

意識なくして、存在するものはこの世にはない。

意識して、思考する。

思考が先、現実があと。の証明です。

 

いわゆる、よくこの世は仮想現実だと

いわれますが、その通りなのだと思います。

全てが自分が想像したものです。

自分が見たいものを創造しているのです。

そして、この自分が見たいものというのが

曲者で、頭で考えている「こうなればいいなあ」

という妄想より、ハートで考えている

「こうなったら嫌だなあ」

この「こうなったら嫌だなあ」の方が、

現実化してしまうのですね。

残念ながら。

なぜかというと、ハートで考えている思考の方が、

本当に自分が見たい現実だから。

そして、このハートの思考がうまい具合に

幸せにならないように小さい頃から、洗脳されているのです。

何年も洗脳された脳はなかなか緩みません。

それで、よく色々なセミナーなどで、

引き寄せの法則などいって、

ブロックの開放などいって、

少しづつ洗脳を解いていくということになっているのです。

全て、同じです。

何を信じてもいいのですが、

要は、凝り固まった洗脳を解いて、

現実は自分が見たいものを自分で思考して

創ることが出来ることをわかってください。

量子力学の実験でもそれはもう証明されています。

思考でいくらでも現実は変わるのです。

お金も同じですから。

エネルギーですから、望めば循環してきます。

まだ信じられない人はお話ししましょう。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。