自分の身体を創っているのは

自分の身体を見てみてください。

不都合なところはどこですか。

私の場合、気にしているところは、

指の第一関節が痛い病気?と

足の水虫です。

そして、後鼻漏です。

なぜか考えてみました。

実は、

母がリウマチと爪水虫で、

父が水虫で

祖父が後鼻漏でした。

そうです。

ほとんど周りにいた人の症状が

そのまま自分の身体になっています。

子供の頃、一緒に暮らしていた家族を見て

幼い私は大人に聞きます。

「これどうしたの?」

「年をとるとこうなるんだよ。」

そんなことを言われたら、幼い子供は、

素直に信じます。

あ~大人になったら、こうなるんだな。

っていつの間にか自分で刷り込みをしてしまうんですね。

誰も波動のことや、本当のことを教えてくれないし。

まあ、その頃は知っている人はいなかったと

思いますが、本当に見事にそのままですよ。

そして、テレビでも言いますしね。

遺伝だと。

母のリウマチは酷く、指も変形して、

最後はほどんど歩けない状態でしたので、

絶対母のような状態にはなりたくない

と思っていたので、

リウマチにはならなかったのですが、

第一関節が膨れて痛くなるへバーデン結節に

なってしまいました。

ハートもリウマチにはならないように

と思っていたのですね。

でも、その代わりにってことなのかと思いますが、

へバーデンってなんじゃい⁈

テレビもご丁寧に病気のことを

説明してくれますもんね。

真面目に病気のことを勉強すればするほど、

体はその通りになっていくわけですよ。

病名をつけられると、安心するんです。

そうゆう風に仕向けられています。

花粉症になった時もそうでした。

なかなか洗脳はぬぐい切れないですな。

洗脳がとければ、病気は治るって信じてます。

だって、自分の身体は自分の思考が

創っているのだから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。